きさらづ海洋少年団の紹介

1 趣旨・目的

   海に囲まれ、海の影響、海の恵みを世界一受けている国に住みながら、
   海の事を知らない大人達と共に、子供達は目先の狭く短い流行に浸かり、
   海の広大な恩恵から遠ざけられ、狭く短い視野に育つ不幸に放置されています。
   海の体験は「危険」と「高価」が付き纏い、大多数の家庭で無理と諦めています。
   海に詳しいボランティアと支援する地元後援会組織の結合が海洋少年団です。
   海洋少年団は全国に約90団あり、連盟の名誉総裁に高円宮親王妃殿下を戴き
   海上保安庁、文部科学省、海事関係諸団体がこぞって支援しております趣旨は、
   海と船の体験を通じた青少年の健全育成で、きさらづ団はこの趣旨・目的を目指します。

2 きさらづ海洋少年団(ホームページ)

 (1) 発 足  平成19年7月25日
 (2) 団 員  21名(平成30年9月現在)
 (3) 役 員
    団 長 松本信夫   (株)キミツ鐵構建設 会長
    副団長 大島 博   セントラル㈱常務取締役(海技従事者養成講師)
    顧 問 渡辺芳邦   木更津市長
    

3 団員募集

  (1) 応募資格
     団員の年齢は幼稚園児から高等学校3年生まで
     性別、出身国、出身地、住所地を問いませんが、
     活動日に所定の場所に集合出来る事
  (2) 応募時期
     年中受け付けします。
     申し込み先:きさらづ海洋少年団事務局 
     〒292-0831 木更津市富士見3-1-22セントラル内
     電話 0438-23-2091 FAX 0438-23-1455
  (3) 定例活動日:毎月第2第4日曜日です。
     体験入団の訪問を歓迎します。
  (4) 定例の活動は内港公園(通称「出島」)で0900~1500
  (5) 出  費
     入団費2,000円、年間3,000円の団費のほか課外活動参加の交通費、
  (6) 服 装
     揃いのジャンパー、Tシャツ、帽子があります。
  (7) 送  迎
     活動の集合場所に保護者の送迎が必要です。

4 きさらづ海洋少年団後援会(平成19年7月25日発会)

 (1) 会員数   団体32、個人3(平成30年)
 (2) 役 員
    会 長 武内秀雄 木更津6漁協連絡協議会長(金田漁業協同組合長
    副会長 小野山修平 新日鐵住金㈱君津製鐵所長
    副会長 松本信夫 キミツ鐵構建設会長
    監 事 川名則男 堀江商店木更津営業所長
    顧 問 柏木秀美 木更津海上保安署長
    顧 問 大村 晃 木更津港湾事務所長
 (3) 会員募集
  1) 応募方法
     加入用紙に記入の上、事務局まで郵送又はFAX送付願います。
     お問合せは「きさらづ海洋少年団事務局」のセントラル又は団役員に
     意志表示していただければ加入用紙をお届けします。
  2) 加入金
     法人会員は一口1万円、個人会員は一口5千円です。
  3) 寄 付
     ヨット、ボート等の器材又は現金の寄付を歓迎します。
     寄付によるヨット、ボートなどの訓練器材に提供者・団体の名前を表示
     して訓練に使用します。